大学や各種研究所向けに豊富な実績!画像解析、統計処理などご相談ください。

文教地区を拠点に、研究開発支援を得意とするシステム開発企業です

東京都文京区と茨城県つくば市は、多くの大学や研究機関が集まる国内屈指の文教地区として知られています。この2つの街を拠点に活動しているのが、私たちユーワークス。近隣のお客様を中心に、全国の大学・研究機関からご依頼を受け、ITを通じた研究開発支援事業を展開しています(取引実績はこちらをご覧ください→https://youworks.jp/about/)。一般的な情報システムの開発だけではなく、画像解析、統計処理、スマホアプリ開発などを得意とし、バイオ系をはじめ各分野の先端研究をITで支えています。

当社が学際領域のシステム開発に強い理由

1)アカデミックなシステム開発案件において経験豊富なエンジニア陣

一般的な企業向けのシステム開発と研究関連システムの開発には、大きな違いがあります。使用する技術やプログラミング言語ではありません。違うのは、開発のプロセスにおいて必要とされる情報収集・処理能力と提案力。研究開発支援においては、研究者を相手にヒアリングや要件定義を行う際、ITの知識だけでなく「お客様の研究内容を理解する力」が求められます。専門分野の学術論文を読まなければならないケースも少なくありません。知識領域がITに偏ったエンジニアの場合、こうしたアカデミックな作業に対応できない可能性があります。その点、当社には学術的素養を持つエンジニアが揃っており、なおかつ研究開発支援を長く手掛けてきた経験とノウハウがあります。それゆえ研究者と信頼関係を構築し、専門的な分野におけるシステムも企画段階から適切に提案・開発することが可能となっています。

2)少数精鋭ゆえの柔軟な対応力

大手企業を含め、一般的なシステム会社があまり積極的に研究開発支援を手がけない理由のひとつとして、開発コストの増大が挙げられると言われています。未知の領域に挑む研究開発においては、システムの開発プロセスも複雑な試行錯誤を必要とするケースが多いもの。個々の案件において労力がかかる割に、そのノウハウを流用できる市場が狭いため、効率や利益を重視する大手企業にとっては参入しにくい分野と考えられます。その点、私たちは少数精鋭の開発会社であるため、開発コストに関してある程度柔軟に対応することが可能です。また、ユーワークスは短期的な利益ではなく、お客様と長期的にパートナーシップを構築していくことを重視しています。それゆえ、研究者のニーズに妥協なく応え、質の高いシステムを提供することが可能となっています。

3)ハード・ソフト両面の広範なIT技術

近年、IT業界ではWebシステムの開発に特化したシステム会社が増えています。しかし研究開発支援においては、Web関連技術だけでは対応しきれない場合もあります。クライアントサーバーシステムなどのレガシーな技術が活かされるケースもありますし、今後はIoTの進化に伴い、組込みソフト開発が必要とされるケースも増えてくるでしょう。ユーワークスは特定の技術に特化することなく、これらハード・ソフト両面の開発に対応できる基礎的な技術力を強みとしています。むやみに流行を追うことなく、システムの本質を大切にする姿勢が、あらゆるニーズに対応できる高度な応用力を生み出しているのです。

 

事例(1)コメットアッセイによるDNA損傷度合画像解析ソフト

cometソフト画面
コメットアッセイは、変異原性試験のなかでもDNA損傷性を指標とする試験系に分類されます。特に、軽微な細胞・DNAの損傷に対する反応が高いことが特徴です。本ソフトウェアは、このコメットアッセイによって電気泳動を行った細胞(コメット)の写真を高速に分析できるソフトウェアです。コメットアッセイによって処理された標本の顕微鏡写真から細胞を自動的に認識し、Tail Length、DNA Migration、Olive Tail MomentなどのDNA損傷度を表す指標を計測することができます。画像中に複数の細胞が存在する場合でも、各細胞を自動で識別し、分析するため、汎用画像ソフトで分析する場合と比べて試験実施者の負担を大幅に軽減することが可能です。(詳細URL/https://youworks.jp/topics/352/

 

事例(2)建築研究所と共同開発「非住宅建築物適合性確認システム」

国立研究開発法人建築研究所は、住宅・建築・都市計画技術に関する研究開発を行う公益法人です。事務所や病院、学校などの非住宅建築物を対象とした省エネルギー基準の見直しに伴い、その適合性確認のためのシステム開発をユーワークスが担当しました。このプロジェクトは国土交通省による補助事業の一部であり、多くの建築関係者が利用するため、日本全体の生産性に関わる重大なもの。開発においては、ユーザーのストレスを軽減すると同時にブラウザ上でのトラブル発生を防ぐため、Excelファイルを配布して情報を入力してもらい、そのファイルをアップロードして計算するという仕組みを採用しました。建築分野における省エネに役立つ、ユーザビリティの高いシステムとして高く評価いただきました。(詳細URL/https://youworks.jp/topics/111/

 

事例(3)青果物生産履歴データベースシステム「SEICA」

「SEICA」とは、あらゆる野菜・果物・米・茶などの農産物一品ごとの情報を「検索・閲覧・登録」し、生産者プロフィール、生産に対するこだわりや取引情報など、さまざまな情報を誰もが共有できるオープン&フリーなWebデータベースです。運営を行っているのは、食品流通の構造改善を推進する公益法人として農林水産大臣の指定を受けた(財)食品流通構造改善促進機構と国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構 食品総合研究所等です。ユーワークスは、食の安全への意識が高まりつつあった2000年前後に、このシステム開発案件を担当しました。公益法人からのオーダーゆえ、法律などへの深い理解が必要となる大規模プロジェクトでしたが、無事成功に導き、システムがオープンして10年以上経った今もなお、「SEICA」は生産者と流通業者・消費者を結ぶ公的サイトとして全国の多くのユーザーに利用されています。(詳細URL/https://youworks.jp/topics/114/

 

お気軽にご相談ください!

上記事例は、あくまで当社が手掛けた研究開発支援案件のごく一部に過ぎません。今後も医療・バイオ・建築などを中心に幅広い研究分野で実績を積み重ね、「研究開発支援と言えばユーワークス」と信頼いただけるような企業を目指していきたいと考えています。最近はディープラーニングの応用研究も始めました。ご関心をお持ちになった方は、どうぞお気軽にご相談ください。