YOUWORKS

ユーワークスを特徴づける3つのキーワード

私たちユーワークスが手掛ける事業についてご紹介します。

省エネ法関連システム開発

建築物省エネ法の運用を支援するシステム開発

「省エネ法(エネルギーの使用の合理化等に関する法律)」とは、日本の省エネ政策の根幹をなす法律です。中でも近年エネルギー消費量が増加している「建築部門」の省エネは大きな課題となっており、2015年7月には「建築物省エネ法(建築物のエネルギー消費性能の向上に関する法律)」が制定され、その後段階的に施行されています。

ユーワークスはこの分野における各種関係機関の開発パートナー企業として、10年以上にわたり、建築物省エネ法の運用を支援する様々な専門システムを開発してきました。当社はこの分野の知見に長けた数少ないソフトウェア開発企業として評価されており、近年は法律運用の根幹に関わる大規模システムの企画・開発にも携わっています。

医療機器・バイオ産業への進出

医療機器メーカーと連携し、「メドテク」の開拓を目指す

ユーワークスが本社を構える東京都文京区は古くから学究都市として栄え、多くの医療機器メーカーが密集する「医療機器の街」として知られています。
現在、医療機器業界では、IoTやAIの発展や、政府の推し進める「医工連携」に伴い、医療機器にソフトウェアを搭載する動きが加速中。その一方で、医療機器メーカーの多くはソフトウェア開発のノウハウを持ちません。
そこで私たちは、近隣の医療機器メーカーのパートナーとしてソフトウェア開発を行っています。
このように「医療」と「IT」を結びつける技術を私たちは「メドテク」と名付け、これを広めることを今後の事業目標の一つと位置づけています。
医療機器向けソフトウェア開発のほか、医工連携を推進するためのWebマッチングシステムの開発なども手掛けています。

研究機関と連携したバイオ関連システム開発

ユーワークスは、日本屈指の学究都市であるつくば市にも拠点を構えており、創業当初から数多くの大学や研究機関から依頼を受け、さまざまな学際領域のシステム開発を手がけてきました。
とりわけバイオ関連の研究用ソフトウェアの分野で豊富な実績を残しており、医療用画像解析ソフトなど、専門性の高いシステムにおいても高い評価を得ています。

ユーワークス メディカルエンジニアリング部のページ

東南アジア進出

近年、目覚ましい経済発展を遂げつつある東南アジア諸国。ユーワークスはミャンマーに子会社「Innovasia MJ」を設立し、優秀な現地エンジニアの力を活かしたオフショア開発サービスを提供しています。
さらにバンコクにも当社の日本人社員が駐在しており、タイ・ミャンマー両国の拠点を軸に、東南アジア市場をターゲットとした新規ビジネス開拓を推進しています。
2021年にはJETRO(独立行政法人日本貿易振興機構)の「日ASEANにおけるアジアDX促進事業」にInnovasia MJが現地パートナーとして参画するなど(参考情報はこちら:PDFファイルが開きます)、現地ビジネスの実績も順調に増えてきました。
現在は新型コロナウイルスの感染対策を優先するため、海外ビジネスは既存事業の継続にとどまり、積極的な拡大は控えている状況です。しかし、東南アジア市場が大きな可能性を秘めていることに変わりはありません。コロナ禍の収束後には再び新規ビジネスを企画し、国境にとらわれないグローバルな展開に挑んでいきます。

TOP