2019年1月の主な出来事

全国省庁統一資格のランクがDからCへ昇級しました!

事業者が各省庁の入札に参加する際に必要となる「全国省庁統一資格」。この資格を取得する企業は、売上や営業年数などさまざまな評価ポイントから、AからDの4段階に分類されます。これまでユーワークスの等級はDでしたが、嬉しいことにこのたび1つ上のCへ昇級しました。今後は、これまでには参加できなかった大規模な入札にも参加できるようになります。創業当初より公益性の高い事業を志してきたユーワークスにとって、公的機関を対象としたITコンサルティング・システム開発はもとより得意分野の一つ。今後はこれまで以上に大きな責任を担いつつ、技術を駆使して社会をより良く変えていけるような事業に取り組んでいきたいと思います。

 

会社パンフレットを5年ぶりにフルリニューアル!

近年ユーワークスでは、従来の主力事業である中小・中堅企業向けITコンサルティングに加え、医療機器・バイオ関連システムの開発や、ミャンマーの子会社「Innovasia MJ」を軸とした海外事業など、新たな事業の柱を確立しつつあります。こうした最新情報を多くの人に知っていただくため、会社案内のパンフレットを5年ぶりに新しく制作しました。社内の制作担当者曰く、「読む人の心に寄り添い、シンプルで読みやすい構成・デザインにこだわった自信作です!」とのこと。当社オフィスや、当社社員の参加するイベントにいらした際には、ぜひお持ち帰りください。

 

ミャンマーオフショア事業に、新たな実績が加わりました!

ユーワークスの子会社であるInnovasia MJでは、ミャンマー現地のエンジニアを集めてオフショア事業を展開していますが、2019年1月に新たな実績が加わりました。お客様は、SNS統合管理ツール『Beluga』などのサービスで知られるWebマーケティング企業、ユニークビジョン株式会社。同社は去る1月、Innovasia MJと連携して、ミャンマー最高峰のヤンゴン大学やヤンゴン工科大学で学んだ優秀なエンジニアを採用し、新規プロダクト創出のためのイノベーションラボを設立しました。

同社のご担当者様からは、Innovasia MJのサービスについて

― 細かいニーズにも丁寧に対応してくれるオーダーメイドの提案力が魅力的だった
― まだ多くの日本企業にとって未開拓なミャンマービジネスの可能性に惹かれた

といった嬉しい評価をいただいています。

イノベーションラボの本格稼働後も、引き続き丁寧なフォローを続け、同社のビジネスを支えていきたいと思います。

 

今後の予定

東京中小企業家同友会 八王子支部の3月例会(3月20日)

代表の吉本が講師として登壇予定です。参加のお申込みはこちらから。

 

サイエンスフォーラム「食品への予測微生物学応用2019」(4月10日)

CTOの宇田が「AIの食品品質管理への展開とその可能性」と題し、登壇予定です。

詳細および参加のお申込みはこちらから。

 

東京中小企業家同友会 港支部総会の記念講演(4月17日)

代表の吉本が講師として登壇予定です。

 

食品ハイドロコロイド研究会セミナー(5月23日)

CTOの宇田が「AI・IoTの基礎と食品分野への応用」と題し、講師として登壇予定です。

 

東京中小企業家同友会 文京支部の6月例会(6月14日)

代表の吉本が講師として登壇予定です。