社員ブログ’19年12月の主な出来事

こんにちは!システムエンジニアの林です。創業間もない頃からユーワークスに在籍し、子育てをしながら仕事に取組んでいます。今回の「主な出来事」は私が担当します。

 

忘年会(つくば・東京)が開催されました

12月と言えば忘年会。ユーワークスでも毎年、年末には一年の労をねぎらうために忘年会を開いていますが、ちょっと変わった慣例があります。それは「平日の昼に開催する」ということ。その理由は、夜に飲み会をすると、仕事帰りに子どもを迎えに行く人や、遠方から通勤している人が参加しにくいことです。昼開催になってからは、子どもがいる人も遠方の人も参加しやすくなり、みんなで楽しめるようになりました。実はこの昼開催、かつて私が当社で初めて育児休暇から復帰したことがきっかけで始まりました。今では育児中の社員はさらに増え、「昼の忘年会」はすっかり定着しています。ちなみに忘年会は東京本社とつくばオフィスの両方で開いていて、毎年社員の要望を受けてオフィス近辺の美味しいお店を選んでいます。今回はそれぞれ、Lacollinaさん、ごはん屋八十八さんで開催。東京開催では両オフィス在籍の総勢19名が集まり過去最高の大所帯となりました。普段顔を合わせることの少ないメンバーとも交流を深めながら、ちょっと豪華なランチを楽しみました!

 

 ユーワークスに入社して15年が経ちました

早いものでユーワークスに入社してから15年が経ちました。入社当時は茨城県つくば市で会社を創業したばかりで、社員が私を含め4人しかおらず、仕事の合間に発売されたばかりのPSPで遊んだ記憶があります(笑)。当時は私も含めて皆20代前半と若く独身で、趣味の延長のような感じで仕事に取組んでおり、帰りが遅くなることもよくありました。しかし、私が結婚・出産したのを皮切りにだんだん家庭を持つ社員が増え、社員数も大幅に増加。「誰もが無理なく効率的に働ける環境づくり」を徹底する会社に生まれ変わり、今では残業もほぼゼロになりました。一方、創業当初と変わらないのは「良い意味のゆるさ」でしょうか。今でもゲーム好きな社員は多く、休憩時間にボードゲームやSwitchを楽しんでいる姿が見られますし、組織が拡大しても職場の雰囲気は相変わらず和やかです。これからもみんなが楽しく働ける会社にしていきたいです。

 

決算賞与が出ました!

ありがたいことに2019年も業績が好調で、決算賞与をいただきました。通常の賞与は社員の年次やスキルに応じた基本給をベースにして決まりますが、業績好調時に支払われる決算賞与は基本的に全員均等にする方針を取っています。とはいえ、それだけではちょっと面白くないので、社員の発案から「くじ引きで賞与額が決まるシステム」を採用。パソコンの画面上でおみくじが現れ、引いたくじによって金額が決定します(といっても、あまり不公平感が出ない程度の差にしてあります)。今回もみんなでワイワイくじ引きを楽しみました。ちなみに私は「中吉」でした。

 

大掃除をしました

12月26日(木)に東京オフィスの大掃除をしました。掃除は毎週金曜日に実施しているのであまり汚れていないだろう……と思いきや、普段手入れしない場所はけっこう汚れていてびっくり。全員で2時間かけて念入りに掃除し、隅々まできれいにすることができました。

 

システムの保守作業も継続中

12月、私は新規開発ではなく既存システムの保守業務を主に行いました。ユーワークスでは多くの企業の業務システムを継続的に保守しており、定期的にお客様の要望をヒアリングしながらシステムの改修を行っています。実は私はこの保守業務が好きです。新規開発の場合、作ったシステムがお客様にとって本当に良いものだったかがすぐにはわかりませんが、保守業務では常にお客様からシステムを使った感想を聞くことができ、こちらからも「ここが不便そうなので、作り直しましょう」と、より良いシステムに向けた提案ができます。そのような改修を繰り返しながら、何年もかけてお客様との信頼関係を築いていけるのは、システムエンジニアとしてとてもやりがいがある仕事です。2020年も、これまで通りお客様の業務に即した、使いやすいシステムを提供したいです。