【対談】新卒社員、ユーワークスを語る!

2020年4月、ユーワークスは2名の新入社員を迎えました。数あるIT企業の中から、彼らはなぜユーワークスを選んだのか。ユーワークスでどのような働き方をしたいのか。フレッシュな二人に、本音で語り合ってもらいました。

 

語り手のご紹介

【佐橋 寛也(さはし ひろや)】(写真・右)

大学・大学院で建築工学(建築環境エネルギー工学)を専攻。大学時代に統計分析で使用するR言語を学んだことをきっかけにシステム開発に関心を持ち、2020年4月にユーワークスへ入社。趣味は野球鑑賞。中日ドラゴンズのファン。

【蓜島 嵐(はいしま あらし)】(写真・左)

大学・大学院でコンピュータサイエンスを専攻。専門は機械学習。学生時代よりユーワークスでシステム開発のアルバイトを経験し、2020年4月に正社員として入社。趣味はギター、PCゲーム。

 

ユーワークスに関心を持ったきっかけ

【佐橋】僕は情報系の学部出身ではなく、大学・大学院では建築環境エネルギー工学を学んでいました。建築物の消費エネルギー分析、建築設備の省エネ性能の研究などが専門分野です。大学3年生のときに統計分析に使用するR言語というプログラミング言語に触れる機会があり、それ以来、システム開発の仕事にも興味を持つようになりました。

【蓜島】ユーワークスのことはどういうきっかけで知ったんですか?

【佐橋】就活の際には、建築関連の企業に入るかSEを目指すか悩んでいて、そのどちらも視野に入れながらいろいろな会社を調べていました。そんなとき、ある就活サービスでユーワークスのことを知りました。最初は普通のIT企業かな、と思ったのですが、ホームページに東京電力グループによる「第1回電力需要予測コンテスト」でプレゼン賞受賞という記事(https://youworks.jp/topics/564/)が掲載されているのを見て、「自分が大学時代に学んだ建築環境エネルギー工学に関するシステム開発もしているのか」と興味を持ったんです。

【蓜島】そうなんだ!実は僕は大学3年生のころからユーワークスでアルバイトをしていたのですが、「第1回電力需要予測コンテスト」が開催されることを知って「面白そうなコンテストがありますよ」と伝えたのは僕だったんですよ。

【佐橋】ということは、蓜島くんがいなかったら、僕はユーワークスの面接を受けていなかったかもしれない。不思議な縁ですね。蓜島くんはどういう経緯でユーワークスを知ったんですか?

【蓜島】僕は大学・大学院でコンピュータサイエンスを専攻していて、研究分野は機械学習でした。ユーワークスのつくばオフィスが大学の近くにあり、プログラミングのアルバイトを募集しているのを見つけたのがきっかけです。大学3年生のときから2年ほど、C#やPythonの勉強をさせてもらいながら、機械学習の知識を活かした医療系画像解析システムの開発などに携わりました。その後、大学の研究が忙しくなっていったんアルバイトを休むことになったのですが、就職活動をすることになったとき、もう一度ユーワークスで正社員として働いてみたいと思い、改めて面接を受けました。

 

ユーワークスを選んだ理由

【佐橋】蓜島くんはどうしてユーワークスを選んだんですか?

【蓜島】理由はいくつかありますが、一番はバイト時代の上司だったCTOの宇田さんのようなエンジニアになりたいと思ったことです。自身のシステム開発のスキルが高いだけではなく、チームメンバーの仕事をいつもよく見ていて、困っている人がいればすぐ適切にフォローしてチームのステータスを正常化する。その姿がかっこいいな、と思ったんです。そしてもう一つ決め手となったのは、ユーワークスが個々の社員のことをきちんと理解し、サポートしてくれる会社であること。僕は家庭の事情で家族のケアをする時間が必要なので、勤務時間や出勤日について柔軟に対応してくれる会社で働きたいと考えていました。その点、ユーワークスは自分の裁量で仕事をコントロールしやすい社風があるし、残業も原則ないし、各自の事情を汲み取って働き方を提案してくれる仕組みがあります。実際、正社員として登用される直前も僕はアルバイト勤務していたのですが、自宅でのリモート作業を認めてもらったおかげで、家族のための時間も確保できました。今(2020年4月16日現在)も新型コロナウイルス対策のため原則全社員が自宅で作業をしていますしね。いまだにリモートワークが定着していない企業が多い中、ありがたいことです。

【佐橋】社員の事情を丁寧に汲み取ってくれる、という点は僕も強く惹かれたところです。僕は大学時代までずっと実家で暮らしていたのですが、社会人になったら自立しようと思い、あえて愛知県の実家から離れた場所で働いてみようと考えていました。でも、本当に東京で初めての一人暮らしが成り立つのか不安で、代表の吉本さんが面接のため名古屋まで来てくれたとき、そのことを正直に相談したんです。すると吉本さんは親身に僕の人生相談に乗ってくれました。さらにはご自身の若い頃の生活費の内訳などを教えてくれ、一人暮らしの家計に関する不安まで払拭してくれたんです。当初、ユーワークスは第一志望の会社ではなかったのですが、そこまで丁寧に自分のことを理解し、受け入れてくれる会社は他にないと感じ、この会社で働こうと決意しました。

 

今後の抱負について

【蓜島】佐橋くんはユーワークスでどういう仕事がしたいと思っていますか?

【佐橋】僕は蓜島くんと違って建築学科出身なので、IT業界のことはまだまだこれから勉強しなければいけないと思っています。実は最初、ユーワークスは大企業のように研修制度が整っているわけではないので、自分のような初心者は大丈夫なのかな、という不安がありました。でも、ユーワークスでは実務経験を持たない学生アルバイトもたくさん在籍し、業務をしながら仕事を学んでいます。僕もまずは一生懸命仕事を学んで、SEとして一人前になりたいと思います。蓜島くんはどうですか?

【蓜島】ユーワークスは、大企業と比べて組織力は強くはないかもしれないけれど、その分個々のエンジニアが大きな裁量を持って働ける環境があると思います。僕が理想とするのは、フロントに立ってお客様に提案をし、さらに自ら開発もするというオールラウンドなSE。実際、そういう働き方をしているエンジニアが当社にはたくさんいます。いつかフリーランスのエンジニアとして独立できるぐらいのスキルを磨ければいいな、と考えています。でも、まずはその前に、これまでアルバイトとしていろいろ勉強させてもらったことの恩返しをちゃんとしたい、という気持ちが強いかな。正社員として責任を持って案件に取組み、会社の利益に貢献したいです。

【佐橋】入社が決まったとき、吉本さんに言われた言葉が印象に残っているんです。それは「日々の一つひとつの行動が、今の自分という結果につながっている」というもの。自分にできることはまだまだ小さいけれど、一つずつ真剣に取り組むことで、いつか「佐橋くん、成長したね」と言ってもらえるような「結果」を生み出したい。そして将来は、ユーワークスの中核を担う社員として活躍できるようになりたいです。

 

<終わり>